JavaScript オブジェクト はじめ



階層構造 の 例 (ブラウザによって異なる)

 Window   navigator
    |
    |-----document
    |         |
    |         |--Ancor
    |         |--Applet
    |         |--Area
    |         |--Form
    |         |    |-Buttom
    |         |    |-Checkbox
    |         |    |-FileUpload
    |         |    |-Hidden
    |         |    |-Password
    |         |    |-Radio
    |         |    |-Reset
    |         |    |-Select
    |         |    |-Submit
    |         |    |-Text
    |         |    |-Texarea
    |         |
    |         |--Image
    |         |--Link
    |
    |------history
    |------location
  • WebのURLみたいに、階層順に指定し、アクセスする( .で区切る)
  • 同じ要素が、複数の場合、配列と扱われる。
    • Window.document.form[0].elements[0]
    • Window.document.form[0].elements[1] など
  • Window は、省略可
  • さらに、メソッドの指定に、( . )を、使う
    • メソッドは、関数の呼び出しみたいに、後ろに( )
  • プロパティも、同様( . )を、使う
    • プロパティは、後ろに( )は、無く、( = )で、代入演算子を使う。