映画「顔」   [2000年08月27日(日)]

  監督:坂本順治

 発生から14年11カ月,時効まで残り21日のところで捕まったあの福田和子,その逃亡生活をモチーフ?にし作られた映画。だたし,内容はまったく別だけど。かわいい妹(牧瀬里穂)を殺した引きこもりのブスな姉が全国を逃げ回り,いろいろな人に会い,しだいに変わっていく(解放されていく)ストーリー。

 それなりに楽しめた。まず,主演が藤山直美が目新しい。それに豪華というかおもいろい脇役,豊川悦司・大楠道代・岸辺一徳・中村勘九郎・渡辺美佐子・佐藤浩市などなど。それで,ちょい役だけど,福田和子役で内田春菊まで。

 各部分部分はこれといって,どっていうことはないが,綺麗でもない女性が逃げ回るというストーリー自体は今までにはそんなになかったじゃないか。この新しいパターンはいいんじゃない!

 試写後のシンポジュームで藤山直美が言っていた。
「映画の話はよくくるんです。それがいつも○○愛,姉弟愛・親子愛なんて感じのものばっかりで。それで監督さんから『まず,人を殺してもらいます』って言われたのでOKしました」
まあ,これが成功の始まりでしょう!

★★★☆



他の阪本順治作品
『どついたるねん』(89)
『鉄拳』(90)
『王手』(91)
『トカレフ』(93)
『BOXER JOE』(94)
『ビリケン』(96)
『傷だらけの天使』(97)

2作品しか見てないけど,今回の映画は今までとちょっと傾向が違うみたい。作品の幅が広がった。