映画 「ライフ・イズ・ビューティフル」   [1999年05月29日(土)]

監督・脚本・主演:ロベルト・ベニーニ

アカデミー授賞式で
派手に動いていたあの人のあの映画。
イタリア映画は好きなほうだから,
あまり抵抗なく見れた。

けれど,同じ脚本でも主演が他の人だったら,
ちょとイヤな映画になっていたかも。

ロベルト・ベニーニを最初の意識して見たのは
ジム・ジャームッシュの「ダウン・バイ・ロー」。
ここでの『お母さんのウサギ料理』の話は
とてもおもしろかった。

とにかく,この人の魅力は
そのしゃべり,ウディ・アレンと同様にね・・・。

★★★☆