過去が重いか軽いか(ハコ・拓郎)   [1999年06月28日(月)]

TV『電撃、黒潮隊』(九州)で山崎ハコ特集。
帰郷コンサート中心の構成だったが,何よりも
最近,事務所が倒産して,皿洗いの仕事まで
していたという近況には驚いた。当初から
暗いイメージだったのに・・・。幸せすぎたら,
歌えないかもなんて言ったら失礼だろうけど。
(九州人は一見明るそうだけど,東北の人とは
違った暗い面がある。タモリや武田鉄矢を
見ればそれがよくわかる。)雑誌アエラにも
取り上げられ,渡辺えり子や
原田芳雄などのカッコイイ友達もあり,
少しずつ活動を始めたそうで
まずはOKみたい・・。

拓郎の方も30分のTV特集が最近あった。
昔すんでいた所を回るという,よくある
ものだった。拓郎というイメージ(過去)
が重いみたいな話。それはそうだろう。
過去のファンよりも今の若者にアピール
する曲を作りたいなんて言っていた。
それから,今の曲のツボが知りたい。
例えば,今の曲のここがいいねぇ,と
若者(?)と話せない,要するにそれが
わからないとも(年のせいで)。そうかな?
私はまだわかるつもりでいるし,無理せず
いいなと思う。CDを買おうとまでは
思わないけど・・。
 だけど,宇多田ヒカルが好き,ファンだと
言っていた。これは面白かった。
「新しいディランのCD・・・」なんて話は
もちろんしなかった。うん。
「今日もまたボブ・ディランの話しかいやだね」
(『親切』より)とすでに昔書いているしね。